切腹

セップク

上映時間:134分 / 製作:1962年(日本) / 配給:松竹=松竹京都

解説 武家社会の非人間性、権力者の体面を取りつくろう偽善を“切腹”という形で鮮烈に描いた作品。小林正樹監督にとっては初の時代劇である。彦根藩邸で津雲半四郎と名乗る男が、生活に困窮し、いっそ武士らしく切腹して果てたいので玄関先を借りたいと申し出る。どこの武家屋敷でも玄関先を血で汚されてはかなわぬと、いくばくかの金を与えて追い返す。つまりこれは当節流行のたかりであった。井伊家の家老はこれを聞くと、しばらく前に同じような申し手をした若い武士のことを思い出し、半四郎に話して聞かせる……。物語はふんだんに回想形式を取り入れ、半四郎の真の目的を明らかにしていく。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:小林正樹

キャスト

津雲半四郎:仲代達矢
斎藤勘解由:三國連太郎
津雲美保:岩下志麻
沢潟彦九郎:丹波哲郎
千々岩求女:石浜朗
稲葉丹後:三島雅夫
矢崎隼人:中谷一郎
福島正勝:佐藤慶
千々岩陣内:稲葉義男
井伊家使番A:井川比佐志