フィリップ・シーモア・ホフマン

フィリップシーモアホフマン

ニューヨーク大学で演劇を学んだ後、舞台俳優として活躍。脇役として映画に出演していたが、ポール・トーマス・アンダーソン監督の「ブギー・ナイツ」(1997)に出演し注目を浴びる。変幻自在にあらゆる役をこなす実力派俳優のひとり。「カポーティ」(2005)で見事、アカデミー主演男優賞に輝いた。