25年目の弦楽四重奏

25年目の弦楽四重奏

ニジュウゴネンメノゲンガクシジュウソウ
A LATE QUARTET

2013年7月6日(土)公開[R-15] / 上映時間:106分 / 製作:2012年(米) / 配給:角川書店

(C)A Late Quartet LLC 2012

解説 弦楽四重奏団の人気チェリストが突然、引退を宣言した。残された3人は戸惑い、永遠に続くと思われた楽団員の友情は“試練“の時を迎える。フィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケン、キャサリン・キーナーら実力派キャストが絶妙なアンサンブルを見せる感動作。監督は本作が初の実写作品となるヤーロン・ジルバーマン。

ストーリー 第一バイオリンのダニエルと第二バイオリンのロバート、ビオラのレイチェル、チェロのピーターは、互いを支えあい、完璧なバランスでもって弦楽四重奏団を構成していた。しかしピーターは突然パーキンソン病の告知を受け、引退を決意。楽団員は動揺する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)