Amazon Prime Video「ミッション:インポッシブル」 PR

Amazon Prime Video「ミッション:インポッシブル」特集|今こそイッキ見!大ファン・入江悠がトム走り解説&名物指令をイラストでおさらい

新作が公開されるたび、トム・クルーズの“超人伝説”が世界中を駆け巡る「ミッション:インポッシブル」シリーズ。1作目の公開から20年以上経ち、不可能と思えるアクションの数々にノースタントで挑んできたトムも今や56歳。しかし2021年には第7弾、2022年には第8弾の封切りを控えており、彼の伝説はとどまるところを知らない。

そんな「ミッション:インポッシブル」シリーズ6本が、現在Amazon Prime Videoで一挙に配信されている。映画ナタリーでは、これを記念した特集を展開。シリーズの大ファンを公言する映画監督の入江悠、ある殺し屋ヒロインに夢中になったというイラストレーターの川原瑞丸に、それぞれ文章とイラストで本作の魅力を掘り下げてもらった。

文 / 入江悠(コラム)、奥富敏晴(作品紹介) イラスト / 川原瑞丸

Illustration:愛すべきキャラクター&IMFの指令丸わかり

「M:I」シリーズの醍醐味は極秘諜報組織・IMFのチームプレイを生かした作戦描写。ここでは数々の不可能な任務に挑んできたキャラクターたちを、シリーズを彩った魅力的な悪役とともに紹介する。さらにIMFが粋な手段でエージェントに下す指令の数々にも注目。「例によって君らが逮捕、あるいは殺されても当局は一切関知しないからそのつもりで」という非情なフレーズでおなじみの指令が、どのように伝えられてきたか振り返ってみよう。

川原瑞丸による描き下ろしイラスト。
川原瑞丸による描き下ろしイラスト。
川原瑞丸(カワハラミズマル)
イラストレーター。書籍の装画・挿絵、映画や本に関するコラム、創作イラストなどを手がける。雑誌やWebの連載も多数。

イッキ見できるのはAmazon Prime Videoだけ!

  • 「ミッション:インポッシブル」

    1996

    「ミッション:インポッシブル」

    ブライアン・デ・パルマが手がけた記念すべき1作目。プロデューサー業初挑戦のトム・クルーズが、往年の人気ドラマ「スパイ大作戦」をリメイクすることで話題に。ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール、クリスティン・スコット・トーマス、ジャン・レノら国際色豊かなキャストが集結。“仲間”の存在を何より大事にするイーサン・ハントの原点を知れる。

  • 「M:I-2」

    2000

    「M:I-2」

    ジョン・ウーがトム・クルーズのアクション俳優としての可能性を押し広げた第2弾。作戦におけるハッタリや潜入捜査が見どころだった前作と比べ、スローモーションを多用したド派手なアクションが満載! トムは冒頭から断崖絶壁でのロッククライミングで肉体美を披露した。シリーズ唯一の濃厚なラブロマンスにも注目。ジョン・ウーおなじみの白い鳩もラストに華を添える。

  • 「M:i:III」

    2006

    「M:i:III」

    J.J.エイブラムスが原作ドラマへの原点回帰を図り、映画にチームプレイの醍醐味を持ち込んだ1本。派手さは残しつつも前作のロマンスから一転、イーサン・ハントがもっとも追い込まれるシリアスな展開が見どころだ。今は亡きフィリップ・シーモア・ホフマンが史上最凶の悪役を好演。シリーズに欠かせない人気キャラクター、サイモン・ペッグ演じるベンジーも初登場となった。

  • 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

    2011

    「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

    ナンバリングタイトルを脱し、シリーズが再スタートを切った第4弾。アニメーション出身の監督ブラッド・バードらしい、おもちゃ箱を引っくり返したような高性能スパイ道具が盛りだくさん。キャラクター同士の軽妙なやり取りが楽しいコメディ要素も。地球上でもっとも高い建物ブルジュ・ハリファの外壁を、イーサン・ハントが縦横無尽に駆け回るアクションも必見。

  • 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

    2015

    「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

    トム・クルーズ自ら公開時に「シリーズ最高傑作」とうたった1本。孤軍奮闘するイーサン・ハントをはじめ、苦境に立たされたチームメンバーたちの固い絆と友情を再確認できる。レベッカ・ファーガソン演じる、戦闘能力抜群の女スパイ・イルサの活躍も見逃せない。監督は「アウトロー」でもトムとタッグを組んだクリストファー・マッカリー。彼は本作でアルフレッド・ヒッチコック監督作や「カサブランカ」といった名作にオマージュを捧げた。

  • 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

    2018

    「ミッション:インポッシブル/フォールアウト

    シリーズで初めて監督が続投し、物語も前作から地続きとなった本作。6作目にしてシリーズ最高の興行収入を記録、またトム・クルーズの出演作としても最大のヒットを飛ばした。高度約8000mからのHALOジャンプ、ヘリコプターでのらせん降下など数々の危険なアクションが怒涛の勢いで展開。ビルからビルへの大ジャンプシーンでは、骨折し本気で痛がるトムの姿を確認できる。

©PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. ©2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.