コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「るろ剣」蒼紫役は伊勢谷友介、宗次郎役は神木隆之介

454

和月伸宏原作による実写映画「るろうに剣心」の続編「京都大火編」「伝説の最期編」にて、四乃森蒼紫役を伊勢谷友介が、瀬田宗次郎役を神木隆之介が演じると発表された。

蒼紫は仲間の因縁を晴らすために剣心を狙う人物。伊勢谷は「白洲次郎」「龍馬伝」で大友組に参加しており、本作で3度目の参加となる。一方、宗次郎は志々雄の部下で剣心に匹敵する天賦の剣才。神木は第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した「桐島、部活やめるってよ」で演じた冴えない高校生役が記憶に新しい。

そのほか柏崎念至・翁役に田中泯、大久保利通役にTHE BOOMの宮沢和史、伊藤博文役に小澤征悦、駒形由美役に高橋メアリージュン、沢下条張役に三浦涼介らが名を連ねた。なお明神弥彦役は前作の田中偉登から大八木凱斗にキャスト変更する。

映画「るろうに剣心」は「京都大火編」「伝説の最期編」の2部作で、2014年夏に公開予定。

伊勢谷友介(四乃森蒼紫役)コメント

僕は、「週刊少年ジャンプ」を読んでいた時にちょうど「るろうに剣心」の連載が始まっていたので、どんな実写になるのかなと楽しみに待っていました。今回はお話を頂いて、大友監督の作品なのでぜひと思い、出演を決めました。アクションシーンの撮影は大変だと思いますが、役者としては自分の限界に挑戦するというのは、とてもありがたいことですし役者冥利につきます。
大友監督は、役者をきちっと信用してくれて、「映画」の固定観念にとらわれずに映画作りに取り組んでいる姿勢や、社会の中でその作品がどうあるべきかを常に考えている方なので、僕自身、能力を高めるには絶好の機会だと思っています。
映画「あしたのジョー」に負けないくらい限界に挑戦したいと思っています!
四乃森蒼紫は、表面的には感情をおさえながらも内面では色々抱えているキャラクターなのでバランスを大事にして演じたいと思っています。

神木隆之介(瀬田宗次郎役)コメント

今回、このような素晴らしい大役を演じさせて頂ける事になり、とても光栄に思っております。ずっと憧れていた役なので、
十分過ぎる程気合いが入っています。
原作ファンの方々の期待を裏切る事無く、且つ、オリジナリティのある瀬田宗次郎をお見せ出来ればと思っております。
そして、この映画に欠かせない、アクション。
精一杯、練習しておりますので、皆様、是非ご期待下さい。

コミックナタリーをフォロー