コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「釣りバカ」のやまさき十三、初監督映画がマンガ化

30

「釣りバカ日誌」の原作者として知られる、やまさき十三の初監督映画「あさひるばん」のマンガ版が、発売中のビッグコミックオリジナル15号(小学館)にて連載を開始した。作画は「あんどーなつ」のテリー山本が担当している。

「あさひるばん」は高校野球部で元チームメイトだった、中年3人組が主役のコメディ。皆の憧れだったマネージャーの娘からの手紙をきっかけに、再会を果たそうとするところから物語は始まる。映画には國村隼、板尾創路、山寺宏一、桐谷美玲らが出演。11月29日より全国公開される。

そのほか今号では北原雅紀原作による、あおきてつお「真夜中のこじか」が最終回を迎えた。単行本最終5巻は9月30日に発売される予定だ。

コミックナタリーをフォロー