コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

笠井スイの4年ぶり新作読切は幻想的な友情劇、ハルタで

61

本日6月15日に発売されたハルタVol.5(エンターブレイン)には、「ジゼル・アラン」で知られる笠井スイの読み切り「瞼に咲く花」が掲載されている。笠井が新作読み切りを発表するのは約4年ぶり。

「瞼に咲く花」は主人公の女性がある廃屋を訪ね、家捜しする場面から物語は始まる。すると主人公は家の中で、自分の名を親しげに呼ぶ少女に出くわし……。日本を舞台にした、幻想的な友情物語が展開される。

なお7月13日発売のハルタVol.6では、入江亜季が読み切り「春駒」を発表。またFellows!(エンターブレイン)にて「ウワガキ」を連載していた八十八良が、新連載「不死の猟犬」をスタートさせる。派手な演出で盛りたてるガンアクションだ。

コミックナタリーをフォロー