コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

杉山小弥花「明治失業忍法帖」がボニータからプリンセスへ

63

本日1月5日に発売された月刊プリンセス2月号(秋田書店)にて、杉山小弥花の移籍新連載「明治失業忍法帖~じゃじゃ馬主君とリストラ忍者~」がスタートした。

「明治失業忍法帖~じゃじゃ馬主君とリストラ忍者~」は明治を舞台に、女学校に通う大店の娘・菊乃と、その婚約者である伊賀忍の清十郎を描いたコメディ。2010年よりミステリーボニータ(秋田書店)にて連載され人気を博し、今号より月刊プリンセスに移籍することとなった。また1月16日には、杉山の初短編集「花の名を知らない」が発売を控えている。

そのほか今号では、マーガレット(集英社)を中心に活躍する雪森さくらの新連載「好きというのは嘘のウソです」もスタート。こちらは主人公に恋愛のトラウマを残した男の子と、親の再婚により同居することになった女子高生を描くラブストーリーだ。

コミックナタリーをフォロー