雲田はるこ、onBLUEの特集で“神”に直撃!いくえみ綾と対談

63

本日7月25日に発売されたBLアンソロジーonBLUE Vol.6(祥伝社)では、雲田はるこの特集が組まれている。

onBLUE Vol.6

onBLUE Vol.6

大きなサイズで見る(全6件)

特集の目玉は、雲田がいちばん会いたい人として挙げたいくえみ綾との対談。雲田は“神”と崇めるいくえみに会うため北海道まで足を運び、9ページにわたり思いの丈をぶつけている。また4年前にデビューした雲田がどのようにマンガと付き合いマンガ家となったのか、幼いころから最近までの読書体験を追うロングインタビューを掲載。新刊「新宿ラッキーホール」のラフスケッチやアイデアメモ、ネームなども公開された。

そのほか青山十三、阿仁谷ユイジ入江喜和雁須磨子河内遙紗久楽さわ田中相ねむようこ、三浦しをんによる寄稿「雲田はること私」や、雲田の新作読み切り「ばらの庭にいた頃」を収録。くもはるファンは必携の1冊となっている。

また今号には、ヤマシタトモコがデビュー前に同人誌で発表した読み切り「devil's thoroughbred」を収録。ヤマシタは10月25日に発売される次号onBLUE Vol.7にて新連載をスタートさせる。なお次号Vol.7では、今号で「宇田川町で待っててよ」を完結させた秀良子の特集が組まれる予定だ。

この記事の画像(全6件)

リンク

関連商品