コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ananで岡崎京子特集、同世代の桜沢エリカが作品解説

116

本日7月4日に発売されたanan1814号(マガジンハウス)には、「岡崎京子の世界」と題した特集が6ページにわたり掲載されている。

この特集では、岡崎の友人であり、同世代の作家として切磋琢磨した桜沢エリカが岡崎の作品を解説。「pink」「くちびるから散弾銃」「ハッピィ・ハウス」「リバーズ・エッジ」「へルタースケルター」の5作品を、友人として、そしてマンガ家としての視点から分析している。また桜沢がお気に入りだという各作品のコマも収録。

また7月14日に公開される映画「へルタースケルター」に、吉川こずえ役で出演している水原希子へのインタビューを実施。映画出演を機に岡崎作品に惹かれ、単行本を一気に買い漁ったという水原が魅力を語っている。さらに「ヘルタースケルター」の映画とマンガのキャラクター比較や、今後出版される岡崎関連の書籍が紹介された。

コミックナタリーをフォロー