コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

@バンチで新鋭・篠丸のどか、うどんの国香川を描く新連載

48

篠丸のどかの新連載「うどんの国の金色毛鞠」が、本日6月21日に発売された月刊コミック@バンチ8月号(新潮社)にてスタートした。

「うどんの国の金色毛鞠」の主人公は、東京から地元・香川県へと帰ってきた青年。潰れてしまった実家のうどん屋に足を運んだ主人公は、店内に隠れていた素性の分からない不審な子供を保護する。子供との出会いで、変化していく主人公の心境を描いていく。

なお月刊コミック@バンチ8月号では、2名の新人が短編を発表。水島ライカの「夜咲きの乙女」前編、柳田人徳の読み切り「ひばり百席」が掲載されている。表紙は井上淳哉「BTOOOM!」が飾り、巻頭カラーには同作の舞台となっている孤島の全景が見開きで収められている。島のイラストは描き下ろし。

コミックナタリーをフォロー