少女×戦車!新アニメ「ガールズ&パンツァー」マンガ化

73

本日6月5日に発売された月刊コミックフラッパー7月号(メディアファクトリー)では、新アニメ「ガールズ&パンツァー」の先行コミカライズ連載がスタートした。作画を手がけるのは、新人・才谷屋龍一。

コミカライズ版「ガールズ&パンツァー」のカット。

コミカライズ版「ガールズ&パンツァー」のカット。

大きなサイズで見る(全7件)

「ガールズ&パンツァー」は、戦車を使った武道「戦車道」が乙女のたしなみとされている世界を舞台に、女子高生たちの日常を描く“ハートフル・タンク・ストーリー”。アニメは「侵略!?イカ娘」の水島努が監督を、「けいおん!」の吉田玲子が脚本を、「ストライクウィッチーズ」の島田フミカネがキャラクター原案を手がける。

また今号では、アキヨシカズタカの新連載「げんつき」がスタート。こちらは原付部に所属する女子高生が放課後原付に乗って小旅行に出かける様を、風景描写をふんだんに取り入れて描く日常ものだ。そのほか水あさと「デンキ街の本屋さん」は本編と番外編の2本立てで掲載された。

なお月刊コミックフラッパー7月号には、一部書店で購入特典が用意されている。コミックとらのあなでは「魔弾の王と戦姫」メッセージ入りイラストカードを、アニブロゲーマーズでは「この中に1人、妹がいる!ばすたいむ」ブロマイドを、メロンブックスでは「デンキ街の本屋さん」イラスト描き下ろしのメッセージペーパーをプレゼント。特典は無くなり次第終了となるのでお早めに。

※記事初出時、「侵略!?イカ娘」のタイトルに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事の画像(全7件)

リンク