コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

荒木飛呂彦らの「変人偏屈列伝」文庫はリバーシブルカバー

67

荒木飛呂彦鬼窪浩久による「変人偏屈列伝」の文庫版が、本日4月18日に発売された。

「変人偏屈列伝」は、実在した6人の変人偏屈たちを描いた短編集。荒木が全6話の原作・構成を手がけ、そのうち「腸チフスのメアリー」「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」の2話を自ら作画した。残り4話の作画は、荒木のアシスタント経験もある鬼窪浩久が担当している。2004年に豪華装丁で単行本化されたが、今回、安価な文庫版として刊行されることとなった。

文庫版はリバーシブルカバー。一方には「腸チフスのメアリー」の、もう一方には「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」のイラストが描かれている。

「変人偏屈列伝」収録作

「タイ・カッブ」(作画:鬼窪浩久)
 ……[前編]MANGA ALLMAN 2001年No.10掲載、[後編]MANGA ALLMAN 2001年No.11掲載
「康 芳夫」(作画:鬼窪浩久)
 ……ウルトラジャンプ2003年3月号掲載
「腸チフスのメアリー」(作画:荒木飛呂彦)
 ……ウルトラジャンプ2003年9月号掲載
「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」(作画:荒木飛呂彦)
 ……ウルトラジャンプ2003年8月号掲載
「コリヤー兄弟」(作画:鬼窪浩久)
 ……MANGA ALLMAN 2002年No.2掲載
「ニコラ・テスラ」(作画:鬼窪浩久)
 ……スーパージャンプ1989年6月号掲載

コミックナタリーをフォロー