コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「暴れん坊少納言」のかかし朝浩、監獄読切でバーズ登場

20

本日2月29日に発売された月刊コミックバーズ4月号(幻冬舎コミックス)にて、「暴れん坊少納言」で知られるかかし朝浩の読み切り「少女囚サバト」が掲載された。

「少女囚サバト」は、終身刑を言い渡され監獄に入れられている性的児童愛好者の少女・鯖戸を描いた読み切り。相次ぐ女児を狙った事件解決の糸口にと、新人警察官が鯖戸のもとを訪れるところから物語が始まる。

ほかにも今号では、広井王子原作によるコザキユースケ「烏丸響子の事件簿」が10年の連載に幕を閉じた。また井上三太「ダン・ダ・バーバリアン」も最終回。巻頭には日丸屋秀和「ヘタリア Axis Powers」のスケジュールシールが封入されている。

コミックナタリーをフォロー