コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

メディア芸術祭会見、大賞の岩岡ヒサエが感激スピーチ

108

本日12月15日都内にて、第15回文化庁メディア芸術祭のプレス向け受賞説明会が行われた。説明会にはアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門の大賞受賞者が登壇した。

マンガ部門の大賞に選ばれたのは、月刊IKKI(小学館)にて連載されていた岩岡ヒサエの「土星マンション」。地球全体が自然保護区域となり、地上に降りることが許されなくなった近未来が描かれる。遙か3万5000m上空で暮らす主人公が、職場や近所の人々との出会いを通じて、成長していく物語だ。

大賞を受賞した岩岡は、緊張で顔をこわばらせながら「ほかの受賞作品を見ても、自分がいただけるとは……大変光栄です。ひとりでやってるような感覚に陥ることもある職業なんですが、いろんな方に助けられて描かせていただいています。その方々にも本当にありがとうございますと言いたいです」と、感謝の思いを述べた。

主人公・ミツを描く上で心がけた点については、「少年らしい心と、周りの大人に助けられて生きていることに気付ける子であること」を意識して描いたとのこと。「最後は私が思っていたよりミツがどんどん成長したので、よい子になったなと思いました」と親心を覗かせる一面も。

なお同作は岩岡にとって初の長編連載作。連載時を振り返って「毎月毎月締め切りがあるので、苦労ではあったんですけれども最後のほうはほんとに楽しく描けたので、今はいろんな苦労が吹っ飛んでいます。(完結してみると)学生の頃のすごく頑張った部活が終わったような、ものすごい感動があっていい気持ちです」と達成感を語った。

最後はマンガ部門の審査委員主査を務めた、さいとうちほが作品について解説した。「大人も子供もいっぱい出てきて、『宇宙長屋』みたいな楽しさがある作品なんですけど、どんどん読み進めていくうち、最後は非常に壮大なテーマが浮かんできてびっくりしました。1日の終わりに1話ずつ読んでいただけると、最後に大きな感動がくると思います」と賞賛。

第15回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展は、2012年2月22日から3月4日にかけて、東京・国立新美術館にて開催。入場無料のため、ぜひ足を運んでみよう。

コミックナタリーをフォロー