コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「進撃の巨人」や「おジャ魔女」の16歳編がラノベで登場

367

講談社は12月2日にライトノベルの新レーベル・講談社ラノベ文庫を創設する。その創刊ラインナップとして、「進撃の巨人」や「おジャ魔女どれみ」の小説版が発表される。

講談社ラノベ文庫は同社の少年・青年誌と連動した人気作品のノベライズ、アニメやゲームとのコラボなど、メディアミックス展開を視野に始動。12月2日の創刊以降は、毎月2日に6点ずつ刊行していく予定だ。

第1弾ラインナップには、諫山創原作による涼風涼「進撃の巨人 Before the fall」、東堂いづみ原作、馬越嘉彦イラストによる栗山緑「おジャ魔女どれみ16」、藤島康介原作・イラストによる野梨原花南「パラダイスレジデンス」、CUTEGがイラストを手がける竹井10日「彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ」など計8タイトルが並ぶ。

「進撃の巨人 Before the fall」は立体機動兵器の誕生秘話など、マンガ本編の前日譚が描かれる。なかよし(講談社)でコミカライズされていた「おジャ魔女どれみ」の新作「おジャ魔女どれみ16」は、16歳になったどれみらが登場。原作やイラストをアニメスタッフが手がける公式なシリーズ作となる。

good!アフタヌーン(講談社)で不定期連載されている「パラダイスレジデンス」のノベライズは、イラストも藤島が手がける。なお講談社ラノベ文庫のイメージキャラクターも藤島が担当し、特設サイトではこのキャラを使った和田依子の4コママンガも公開中。気になる人は、まず特設サイトを覗いてみよう。

コミックナタリーをフォロー