JUNEの誕生を探る「耽美の誕生」展で波津彬子ら原画披露

197

かつて「耽美」と呼ばれ、現在は「ボーイズラブ」と呼ばれる分野の成立に影響を与えた雑誌・JUNE創刊時までの流れを展示する「耽美の誕生」展が、本日6月3日より米沢嘉博記念図書館にて開催されている。

「耽美の誕生」展チラシ

「耽美の誕生」展チラシ

大きなサイズで見る

展示では、波津彬子による同人誌「らっぽり やおい特集号」の表紙原画や、同誌に掲載された「やおい座談会」の原稿を展示。また8月1日までの期間限定で、花郁悠紀子「黄昏に風」と坂田靖子「ジェラシー」の原画も披露される。開催期間後半は中島梓の手稿類を展示する予定だ。

そのほか「耽美の誕生」展では、雑誌や単行本約120点、関連資料4点を展示する。6月26日には翻訳者の柿沼瑛子と、京都精華大学マンガ学部准教授で元JUNE編集長の佐川俊彦によるトークイベントも開催。また9月にもトークイベントを予定している。

展示「耽美の誕生」

期間:2011年6月3日(金)~10月2日(日)
時間:14:00~20:00(土日祝は12:00~18:00)
会場:米沢嘉博記念図書館1階展示コーナー
住所:東京都千代田区猿楽町1-7-1
休館日:毎週火・水・木曜。ただし祝日の場合は開館。

関連トークイベント

日時:2011年6月26日(日) 16:00~17:30
会場:米沢嘉博記念図書館2階閲覧室
住所:東京都千代田区猿楽町1-7-1
料金:無料
講師:柿沼瑛子(翻訳者)、佐川俊彦(編集者・京都精華大学マンガ学部准教授)

波津彬子のほかの記事

リンク