動物が普通に働く不思議な町が舞台、人見知り女子を描くショート新連載が月マガで

36

石田万の新連載「夜子とおつとめどうぶつ」が、本日12月6日発売の月刊少年マガジン2022年1月号(講談社)でスタートした。

月刊少年マガジン2022年1月号

月刊少年マガジン2022年1月号

大きなサイズで見る

「夜子とおつとめどうぶつ」の主人公は、人とのコミュニケーションが不得意なイラストレーター・影野夜子。動物が人間とともに働くよもぎ町で暮らしている夜子は、久しぶりに外食をすることに。人とと話すのが苦手な夜子が、緊張ながらもおしゃれな喫茶店に入ると、そこでは猫のシマちゃんが店員として働いていて……。動物が普通に働く不思議な町を舞台に、動物あるある満載のショートストーリーが展開される。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。