その神社は浮世と冥土のはざま、売れっ子遊女が悲しき魂を救済「あおのたつき」1巻

1

134

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 34 85
  • 15 シェア

安達智「あおのたつき」の1巻が発売された。

「あおのたつき」1巻(帯付き)

「あおのたつき」1巻(帯付き)

大きなサイズで見る(全10件)

「あおのたつき」は江戸時代の吉原を舞台に、見知らぬ神社に迷い込んだ売れっ子の遊女・あおを描くファンタジー。彼女が迷い込んだのは、強く霊験のご利益を求める者のみがたどり着くとされる、浮世と冥土のはざま“鎮守の社”だった。そこを訪れるのは、美しくも悲しい過去を背負った遊女の魂ばかり。彼女たちの魂を導き、救うため、あおが宮司の楽丸とともに、遊女たちの人生を紐解いていくさまが描かれる。単行本の帯には、蜷川ヤエコが推薦コメントを寄せた。

この記事の画像(全10件)

(c)安達智/マンガボックス

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

その神社は浮世と冥土のはざま、売れっ子遊女が悲しき魂を救済「あおのたつき」1巻(試し読みあり)
https://t.co/NNijvs5VUB https://t.co/Vg4AaNuuqc

コメントを読む(1件)

関連記事

蜷川ヤエコのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 蜷川ヤエコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。