コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「三丁目の夕日」3度目の映画化、シリーズ初の3D作品に

66

西岸良平「三丁目の夕日 夕焼けの詩」が「ALWAYS 三丁目の夕日'64」のタイトルで、2012年に再び映画化されることが決定した。同作の映画化は今回で3度目となる。

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の舞台は、東京オリンピックが開催された1964年。シリーズ初の3D映画化を謳っており、大イベントに沸く華やかなりし昭和の風景がどのように映像化されるのか期待が高まる。監督は過去2作同様に山崎貴が行う。キャストは吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子の出演が発表された。

「三丁目の夕日」は昭和の町を舞台にした人情劇。1話完結を基本としたオムニバスストーリーで、町人たちの様々な人生模様を描き出す。過去に「ALWAYS 三丁目の夕日」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と2本の映画が制作されヒットを記録している。

コミックナタリーをフォロー