ヘタレ棋士とストーカー女子のコンビが碁に懸ける青春、「群舞のペア碁」1巻

78

高木ユーナ「群舞のペア碁」の1巻が、本日6月24日に発売された。

「群舞のペア碁」1巻

「群舞のペア碁」1巻

大きなサイズで見る

「群舞のペア碁」は男女が2人1組のペアとなり、4人で交互に碁を打つ“ペア碁”を題材とする青春物語。16歳の高校生・臨群舞(のぞみぐんぶ)は、プロ棋士を目指して奮闘しているものの、極度のあがり症で院生になってから1勝もできず、破門の危機を迎える。そんな群舞に師匠が勧めたのは、「囲碁のダブルス」と称されるペア碁だった。ペア碁未経験の群舞と、彼をストーキングしている幼なじみ・天米叶海(あまめのぞみ)がタッグを組み、奮闘しながら成長するさまが描かれる。月刊アクション(双葉社)で連載されており、協力として公益財団法人日本ペア碁協会がクレジットされ、碁監修は藤沢里菜女流四冠が担当。帯には「進撃の巨人」の諫山創が推薦コメントを寄せた。

※記事初出時より、本文の一部表現を変更しました。

全文を表示

高木ユーナのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高木ユーナ / 諫山創 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。