“壬生の狼”新選組と1匹の黒猫の物語、「鈍色の箱の中で」篠原知宏による新連載

70

篠原知宏の新連載「壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~」が、本日4月7日にガンガンONLINEのアプリ版でスタートした。

「壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~」ビジュアル

「壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~」ビジュアル

大きなサイズで見る

物語の舞台は幕末。激動の時代において、京都の治安維持を任された剣客集団・新選組は、巷で“壬生の狼”と恐れられていた。彼らの中でも屈指の剣の使い手であった三番隊組長・斉藤一のもとに、ある日1匹の黒猫が現れる。親を失い、孤独に生きるその黒猫は、斉藤に父の面影を感じ、後をつけて回るが……。ドラマ化もされた「鈍色の箱の中で」の篠原が描く新たな新選組絵巻だ。

篠原知宏のほかの記事

リンク

(c)Tomohiro Shinohara/SQUARE ENIX

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 篠原知宏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。