水戸黄門は札付きのワルだった?徳川光圀を新たな解釈で描く「ヤンキー水戸黄門」

70

和田洋人の新連載「ヤンキー水戸黄門」が、本日3月23日発売のイブニング8号(講談社)にてスタートした。

「ヤンキー水戸黄門」扉ページ

「ヤンキー水戸黄門」扉ページ

大きなサイズで見る(全2件)

「ファラ夫」「殿さまとスティッチ」の和田が描く本作は、“黄門様”として知られる第2代水戸藩主・徳川光圀を新たな解釈で描くギャグマンガ。辻斬りや風俗通いなど、勝手気ままな生活を送っている光圀は、密かにEDに悩んでいた。そんなとき、第3代将軍・徳川家光に頼まれて隠密をすることに。各地のいい女と出会えればEDが治るのではないかと考えた光圀だったが……。

なお、4月13日発売の次号9号より宮尾行巳の新連載「羽人」がスタート。また柳内大樹「ギャングキング」は、4月27日発売の10号にて完結する。

この記事の画像(全2件)

柳内大樹のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 柳内大樹 / 宮尾行巳 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。