ガロ元副編集長の半生を綴った1冊が一般書籍化、表紙は古屋兎丸の描き下ろし

211

ガロ(青林堂)の元副編集長・白取千夏雄氏による書籍「『ガロ』に人生を捧げた男 全身編集者の告白」が、本日3月12日に興陽館から発売された。

「『ガロ』に人生を捧げた男 全身編集者の告白」

「『ガロ』に人生を捧げた男 全身編集者の告白」

大きなサイズで見る

インディーズ出版社・おおかみ書房より刊行された「全身編集者」に、劇画狼による編集後記を加えて一般書籍としてリリースされる「『ガロ』に人生を捧げた男 全身編集者の告白」。ガロ創刊編集長・長井勝一氏との出会いから、ガロ編集者としての青春、長井氏の死、ガロ休刊の裏側などが白取氏によって赤裸々に綴られている。青林堂の内紛や編集者の一斉退社、青林堂と青林工藝舎への分裂、自身の慢性白血病、最愛の妻・やまだ紫を襲う悲劇、悪性皮膚癌発症、繰り返す転移と度重なる手術という苦難もあった中、生涯編集者として生きた理由や、死の直前まで残したかったものとは。表紙はインディーズ版に続き、古屋兎丸の描き下ろし。帯にはRHYMESTERの宇多丸と、吉田豪からコメントも寄せられた。

関連記事

古屋兎丸のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 古屋兎丸 / やまだ紫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。