「ハヤテのごとく!」劇場アニメ化、制作はマングローブ

120

畑健二郎「ハヤテのごとく!」の劇場アニメ化が決定。本日12月8日発売の週刊少年サンデー2011年2・3合併号(小学館)にて「劇場アニメ化プロジェクト始動」が宣言された。

「ハヤテのごとく!」26巻

「ハヤテのごとく!」26巻

大きなサイズで見る(全2件)

劇場版の制作は「神のみぞ知るセカイ」「サムライチャンプルー」などで知られるマングローブが手がける。脚本は「仮面ライダー電王」などの作品に携わる小林靖子、監督は小森秀人が行う。小森は今作が初監督。劇場公開日は明かされていない。

なお週刊少年サンデー2011年2・3合併号にて「ハヤテのごとく!」は連載300回を達成した。今号は同作が巻頭カラーを飾り、第3回人気投票の結果発表を行っている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

畑健二郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 畑健二郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。