宇木敦哉、22/7の新曲「僕が持ってるものなら」のMVで監督を担当

557

「センコロール」などで知られる宇木敦哉が、22/7の新曲「僕が持ってるものなら」のミュージックビデオの監督を務めた。

「僕が持ってるものなら」のミュージックビデオより。

「僕が持ってるものなら」のミュージックビデオより。

大きなサイズで見る(全5件)

「僕が持ってるものなら」は2月24日にリリースされる22/7の7thシングルの表題曲。ミュージックビデオは本日2月19日にテレビ朝日系で放送された「ミュージックステーション」の3時間スペシャル内のCMで解禁予告されたのち、22/7の公式YouTubeチャンネルにて公開された。「僕が持ってるものなら」のMVではキャラクターデザインの堀口悠紀子が作画監督を手がけているほか、美術監督を竹田悠介が担当、アニメーション映像をアニプレックスがプロデュースしている。

この記事の画像・動画(全5件)

関連する特集・インタビュー

宇木敦哉のほかの記事

リンク

(c)22/7 PROJECT

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 宇木敦哉 / 22/7 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。