「ドラえもん」本格美術画集で藤子・F・不二雄の筆致堪能、130点以上の原画に付録も

520

藤子・F・不二雄の初の本格画集にして初の美術書となる「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」が、4月7日に発売される。サイズはA4判で価格は税込6900円。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」の帯あり。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」の帯あり。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。

大きなサイズで見る(全14件)

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」より。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」より。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。[拡大]

同書では美術的視点から「まるみ」「顔・表情」「構図」「ひみつ道具」など7つのテーマを設け、厳選した「ドラえもん」のコマの直筆原画を拡大して掲載。微妙なペンタッチや墨の濃淡、丁寧にホワイトで修正された跡、かすかに残る鉛筆の線など細やかな筆致が、一般的な印刷物の2倍にあたる高解像度での撮影により再現される。“マンガを読む”のではなく“絵を鑑賞”する、新たな「ドラえもん」体験ができる1冊だ。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」の収録アイテム。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」の収録アイテム。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。[拡大]

本は金箔と透明箔加工を施したケースに収納。カラーとモノクロ合わせて130点以上の原画が掲載され、拡大される原画は美術ライターの橋本麻里を中心にセレクトされた。また橋本は日本美術の視点から「ドラえもん」に迫る特別コラム7編を執筆。浦沢直樹むぎわらしんたろうが藤子Fの作画スタイルを語り合う対談も収められる。さらに別冊付録には、原画原寸による「ゆうれい城へ引っこし」全ページを収録。そのほか全文英訳付きで展開されるほか、初回限定特典として原画を額に入れて飾れる「特大アートカード」2枚が同梱される。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」より解説ページ。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。

「THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館」より解説ページ。※画像はすべて作成中のもの。デザインや内容は変更となる場合がある。[拡大]

加えて3月13日から4月18日までの期間、東京・渋谷PARCO8階のギャラリースペース・ほぼ日曜日では「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」を開催予定。会場では同書よりもさらに拡大したコマを額装して展示するため、美術館のように「ドラえもん」のコマを鑑賞することができる。

この記事の画像(全14件)

関連記事

藤子・F・不二雄のほかの記事

リンク

関連商品

(c)藤子プロ・小学館

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤子・F・不二雄 / 浦沢直樹 / むぎわらしんたろう の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。