高木ユーナ、新連載のテーマは男女2人1組で挑む“ペア碁”!月刊アクションで開幕

100

高木ユーナの新連載「群舞のペア碁」が、本日1月25日発売の月刊アクション3月号(双葉社)でスタートした。

月刊アクション3月号

月刊アクション3月号

大きなサイズで見る(全16件)

「群舞のペア碁」は、男女2人1組になり4人で交互に碁を打つ“ペア碁”を題材にした青春物語。主人公である高校1年生・臨群舞は、プロ棋士を目指して努力を重ねているものの、極度に緊張しやすい性格が災いし、園児にすら勝てない日々が続いていた。見かねた彼の師匠は、群舞に「未経験のペア碁ならもしかして…?」とペア碁への挑戦を勧めるが……。協力として公益財団法人日本ペア碁協会、碁監修として藤沢里菜女流四冠がクレジットされている。

そのほか今号では、集中連載だった鮫島圓「竜王の娘 中国幻想選」が最終話を迎えた。また奥嶋ひろまさ「異世界ヤンキー八王子」は“第1部完”とアナウンスされている。

なおコミックナタリーでは、月刊アクションで連載されているマンガ「青に、ふれる。」の特集を公開。同作は生まれつき顔に青いアザがある女子高生・瑠璃子が主人公の青春ラブストーリーだ。特集ページでは、瑠璃子と同じように顔のアザと向き合ってきた著者・鈴木望と、美容整形したことを公表しているタレント・有村藍里による対談で、同作の魅力に迫っている。

この記事の画像(全16件)

関連する特集・インタビュー

高木ユーナのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高木ユーナ / 奥嶋ひろまさ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。