放送作家・高須光聖が生んだ痛快時代小説「おわりもん」コミカライズ1巻

101

高須光聖が原作、忠見周が作画を手がける「おわりもん」の1巻が、本日1月22日に発売された。

「おわりもん」1巻

「おわりもん」1巻

大きなサイズで見る

「おわりもん」は戦国時代で、親も仕事も何もない“おわりもん”と揶揄される2人の男を描いた物語。五郎左衛門と又兵衛はある悪事を働いたとして、山道に生き埋めにされていた。そんな中、五郎左衛門は通りがかりの商人からノコギリで首をひかれそうになるピンチを迎えるが……。逆境の中、しぶとく生きる2人の姿がコミカルに描かれる。なお同作は数々のヒット番組を担当する放送作家・高須による時代小説のコミカライズ。幻冬舎コミックスのWebサイト・comicブーストで連載中だ。

忠見周のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 忠見周 / 高須光聖 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。