手塚治虫「陽だまりの樹」7 MEN 侍・菅田琳寧主演で舞台化「全力を尽くします」

517

手塚治虫「陽だまりの樹」の舞台化が決定した。3月5日から14日まで東京・ヒューリックホール東京、3月27日・28日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演される。

舞台「陽だまりの樹」ビジュアル

舞台「陽だまりの樹」ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「陽だまりの樹」は、ちゃらんぽらんな性格で酒好き・女好きだが優れた技術を持つ医師・手塚良庵と、剣の才能に恵まれ正義感が強く直情型の下級武士・伊武谷万二郎の2人を軸にした物語。1981年から1986年にかけて、ビッグコミック(小学館)にて連載され、実在した手塚治虫の先祖が良庵のモデルになっていることから、手塚治虫のルーツを描いた作品として話題を集めた。これまでにもたびたび舞台化されているほか、アニメ化、ドラマ化も果たしている。

手塚良庵役を菅田琳寧(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.)、伊武谷万二郎役を早乙女友貴が担当。またオリジナルキャラクターとなる見習い医師の三郎役を阿達慶(ジャニーズJr.)、勝海舟役をダンカンが演じる。脚本・演出は樫田正剛が担当。本作が舞台初主演となる菅田は「手塚治虫先生の作品を汚さないよう、また『陽だまりの樹』ファンの方に『菅田琳寧の演じる手塚良庵は最高だ!』と思ってもらえるよう全力を尽くします」と意気込みを語った。チケットは2月20日10時より一般販売される。

菅田琳寧(手塚良庵役)コメント

今回初めて主演舞台に立たせていただくのでとても緊張しています。
「陽だまりの樹」のお話をいただいた時はとても不安でしたが、主演を経験しているメンバーにすぐ相談しに行きアドバイスをもらいました。
手塚治虫先生の作品を汚さないよう、また「陽だまりの樹」ファンの方に「菅田琳寧の演じる手塚良庵は最高だ!」って思ってもらえるよう全力を尽くします。

この記事の画像(全6件)

舞台「陽だまりの樹」

日程:2021年3月5日(金)~14日(日)
会場:東京都 ヒューリックホール東京

日程:2021年3月27日(土)、28日(日)
会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

スタッフ

原作:手塚治虫
上演台本・演出:樫田正剛(方南ぐみ)

キャスト

手塚良庵:菅田琳寧(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.)
伊武谷万二郎:早乙女友貴
三郎:阿達慶(ジャニーズJr.)
勝海舟:ダンカン ほか

※手塚治虫の「塚」は旧字体が正式表記。

全文を表示

手塚治虫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 / 7 MEN 侍 / 早乙女友貴 / ダンカン / 樫田正剛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。