「和太鼓†ガールズ」実写映画のタイトルが「藍に響け」に、公開は来年5月21日

276

すたひろ「和太鼓†ガールズ」を原作とする実写映画「叩き壊すほどに君へ-WADAIKO†GIRLS-」のタイトルが変更に。タイトルを「藍に響け」に改め2021年5月21日公開されることが決定した。併せて追加キャストも発表されている。

上段左から吹越満、筒井真理子、下段左から濱田マリ、須藤理彩、カトウシンスケ。

上段左から吹越満、筒井真理子、下段左から濱田マリ、須藤理彩、カトウシンスケ。

大きなサイズで見る(全3件)

「和太鼓†ガールズ」はミッション系のお嬢様学校で繰り広げられる和太鼓部の青春劇。奥秋泰男が監督を務める映画版では、原作をベースにオリジナルの展開や人物も登場する。同作は当初、2020年秋に公開が予定されており、主人公の優等生・松沢環を紺野彩夏、もう1人の主人公で環が和太鼓に興味を持つきっかけとなる同級生・新島マリアを久保田紗友が演じることが既に明かされていた。

今回発表された追加キャストには、吹越満筒井真理子濱田マリ須藤理彩カトウシンスケの5人が決定。近日発表される追加キャスト第2弾では、松沢環、新島マリアの同級生を演じるキャストが明らかになる予定だ。なお、今回の発表に併せて奧秋泰男監督からはコメントも到着した。

奥秋泰男(監督)コメント

すたひろ氏の原作をベースに出来たこの作品は、コロナ禍での制作過程を経てやっと完成しました。
本作の見どころは大きく分けてふたつ。まずは魂の叫びとも言える“音”。一切の吹き替えをせず、時間をかけ本物の音を追求したそれは、劇場で触れた瞬間に感じ取っていただけることかと思います。そしてもうひとつは2人の主人公の切ないほど不器用で純粋な生き方。この作品の冒頭からエンディングに至るまで、17歳という世界の様々な葛藤や不安、さらに生き様を全力で描く2人の心情を感じ取っていただければ幸いです。今回、作品の完成後に改めて熟考し、これがベストだと思うタイトルが『藍に響け』でした。「藍」は青春の象徴でもある「青」よりも、さらに心情的に掘り下げた2人の主人公に向けられた青春の色。ジャパンブルーとも呼ばれる「藍」は和の潜在的なパワーといじらしいほど純粋な心の融合物として観客の皆さまの心に響くことを願っています。

この記事の画像(全3件)

映画「藍に響け」

2021年5月21日(金)より順次全国公開

スタッフ

監督:奥秋泰男
原作:すたひろ「和太鼓†ガールズ」(双葉社刊)
エグゼクティブプロデューサー:蓮見智威
製作統括:清家端
プロデューサー:前信介
脚本:加藤綾子
音楽:茂野雅道
撮影:春木康輔
照明:大久保礼司
録音・整音:岸川達也
美術・装飾:寺尾淳
助監督:平波亘
ラインプロデューサー:雨無麻友子
制作担当:石井宏樹
衣裳:小宮山芽以
ヘアメイク:七絵
編集:岡崎正弥
音響効果:勝亦さくら
スチール:久保田智
キャスティング:SKALY
和太鼓指導・監修:山部泰嗣
制作プロダクション:グラスゴー15
宣伝協力:Compass
配給・宣伝:アンプラグ

キャスト

紺野彩夏久保田紗友吹越満筒井真理子濱田マリ須藤理彩カトウシンスケ

※岡崎正弥の崎は立つ崎が正式表記。

全文を表示

関連記事

すたひろのほかの記事

リンク

関連商品

(c)すたひろ/双葉社 (c)2021「藍に響け」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 すたひろ / 奥秋泰男 / 吹越満 / 筒井真理子 / 濱田マリ / 須藤理彩 / カトウシンスケ / 紺野彩夏 / 久保田紗友 / 藍に響け の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。