「世にも奇妙な物語」の鈴木祐斗「ロッカールーム」ドラマ版、追加キャストなど発表

121

11月14日にフジテレビ系で放送される「世にも奇妙な物語 '20秋の特別編」より、鈴木祐斗「ロッカールーム」を原作としたドラマ「コインランドリー」のストーリーや追加キャストが発表された。

「コインランドリー」より。

「コインランドリー」より。

大きなサイズで見る(全5件)

「コインランドリー」より。

「コインランドリー」より。[拡大]

ドラマは濱田岳演じるフリーターの男・橋本学が、コインランドリーで作業着を洗い終わり、乾燥機にかけようとするところから始まる。しかし乾燥機は壊れているのか起動せず、橋本は仕方なく隣の乾燥機を使うことに。待っている間、橋本がふと「ビール飲みてえ」と呟くと、壊れていると思っていた乾燥機の中にビールが入っていた。不思議に思う橋本に、コロッケ演じる清掃員が「この乾燥機はお願いをすると、欲しいものがなんでも手に入るのだ」と教えてくれて……。夢のような乾燥機によって闇に落ちていく橋本を、陰ながら健気に思い続ける女性・近藤亜美役で岡崎紗絵が出演することが明らかになった。

なお濱田からのコメントも到着。濱田は脚本を読んだときの感想を「コインランドリーと言う、利用したことがなくとも、誰もが一度は目にした事のある、日常を舞台にした、人間の業をテーマにした作品にとてもひかれました」と述べ、視聴者に「このお話も、『世にも奇妙な物語』らしい1本となっております。楽しんで見ていただけたら幸いです」と呼びかけた。

濱田岳コメント

脚本を読んだときの感想

コインランドリーと言う、利用したことがなくとも、誰もが一度は目にした事のある、日常を舞台にした、人間の業をテーマにした作品にとてもひかれました

どのように演じたか

ただただ、日常をこなしていた男が欲に塗れていく、ドキュメンタリーの様になればと、乾燥機と対峙(たいじ)していたと思います

視聴者へのメッセージ

このお話も、「世にも奇妙な物語」らしい1本となっております。楽しんで見ていただけたら幸いです

編成企画・渡辺恒也コメント

原作「ロッカールーム」の、シンプルながら含みのある世界観に魅力を感じて、実写化を提案しました。今作の中心にあるのは“願えば何でも欲しいものが現れる”奇妙な乾燥機です。だが、最も奇妙なものは“幸運を手にした人間のふくらみ続ける欲望”であり、「世にも奇妙な物語」の王道的なテーマの作品になっていると思います。主人公・橋本学を演じるのは稀代の俳優・濱田岳さん。うだつの上がらないフリーターだった橋本が、謎の乾燥機と出会っていかに変わっていくのかを、生き生きと自由自在に演じていただきました。クスっと笑えて最後にはドキッとさせられる、そんな作品になっていますので、是非お楽しみください!

この記事の画像(全5件)

「世にも奇妙な物語 '20秋の特別編」

放送日時:2020年11月14日(土)21:00~23:10
放送局:フジテレビ系
ストーリーテラー:タモリ

「コインランドリー」

スタッフ

原作:「ロッカールーム」鈴木祐斗(集英社「少年ジャンプ+」掲載)
脚本:遠山絵梨香
演出:松木創
編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
プロデュース:小林宙、中村亮太
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

キャスト

橋本学:濱田岳
近藤亜美:岡崎紗絵
清掃員:コロッケ

全文を表示

関連記事

濱田岳のほかの記事

リンク

(c)フジテレビ

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 濱田岳 / 岡崎紗絵 / コロッケ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。