レベルファイブがマンガサイトを開設!押切蓮介や福山潤原作の作品も続々と

157

レベルファイブによるクリエイティブコミュニケーションサイト・マンガ5が、10月15日にサービスを開始する。

マンガ5のロゴ。

マンガ5のロゴ。

大きなサイズで見る(全12件)

マンガ5とは「ゲームの枠を飛び越えて、マンガや小説を通じて新たな作品を生み出したい」という思いから、レベルファイブが新たに挑戦するプロジェクト。10月15日時点では小森陽一原作による竹谷州史作画の「The MapMakers」、梅木泰祐「クレオと不死者の森」、モンキー・チョップ「株式会社 極道ゲーム組」、レベルファイブ原作・監修による須藤ゆみこ「エンマの休日」、渡辺大樹原作によるUme作画の「極みのシイナ」、井上まい「大丈夫倶楽部」、柴本翔「よろず鍵屋の事件帖」、レベルファイブ原作・監修によるあさだみほ「ほのスト!~豪炎寺のひとりごと~」、冴木ちさがシナリオ、倉花千夏がキャラクターデザイン、近藤嶺が音楽の「オトメ勇者~next adventure~」といった9作品がラインナップされている。今後は押切蓮介の作品や、福山潤が原作を手がける作品も追加される予定だ。

またゴマフアザラシのような見た目をした、マンガ5のマスコットキャラクター・ゴーくんも公開。さらにプロアマ問わず新たな作品の誕生を応援すべく、マンガを募集することも告知された。詳細は10月15日に明らかになる。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

押切蓮介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 押切蓮介 / 福山潤 / 竹谷州史 / 梅木泰祐 / モンキー・チョップ / 柴本翔 / あさだみほ / 倉花千夏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。