「人間だけど魔王軍四天王に育てられた俺は~」コミカライズ版1巻が発売

19

左リュウ原作によるかじきすい「人間だけど魔王軍四天王に育てられた俺は、魔王の娘に愛され支配属性の権能を与えられました。~The guardian of princess~」1巻が、本日9月12日に発売された。小説のコミカライズ作品で、原作イラストはmmuが担当している。

「人間だけど魔王軍四天王に育てられた俺は、魔王の娘に愛され支配属性の権能を与えられました。~The guardian of princess~」1巻帯付き

「人間だけど魔王軍四天王に育てられた俺は、魔王の娘に愛され支配属性の権能を与えられました。~The guardian of princess~」1巻帯付き

大きなサイズで見る(全4件)

同作は、魔族最強と呼ばれる四天王に拾われた人間の捨て子リオンの物語。4大種族が平等に生きることを目的として作られた島・楽園島の魔法学院に魔族の姫アリシアが通うことになり、リオンも護衛として同行することに。楽園島では妖精族、獣人族の対立が問題となっており、その和解を護衛と並行して任されたリオン。その任務に成功すれば、姫との婚姻が認められるという事実をリオン本人は知らない。リオンのことが大好きな姫は、彼と結ばれるため任務に尽力する。

一部書店では購入者に特典を用意。ゲーマーズではブロマイド、こみらの!参加店ではイラストペーパー、とらのあなで、メロンブックスではイラストカードを配布する。詳細は購入予定の各店で確認を。

この記事の画像(全4件)

リンク

関連商品

(c)Hidari Ryu/mmu 2019 (c)Sui Kajiki 2020

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。