ライオリで唐草ミチル新連載、笠間三四郎のゲームエッセイ&中野でいちの異世界マンガも

37

唐草ミチルの新連載「黒影夜子の駐在日誌」が、本日9月11日発売のまんがライフオリジナル10月号(竹書房)で開始した。

「黒影夜子の駐在日誌」カット

「黒影夜子の駐在日誌」カット

大きなサイズで見る(全5件)

「黒影夜子の駐在日誌」は、とある田舎に駐在員としてやって来た警察官の女性・黒影夜子を描く4コマ作品。村の人々が黒影に挨拶をしようと駐在所にやって来ると、彼女が血だらけで倒れていたことから物語は始まる。事件性はなかったものの、あまり体が強くなさそうな新人に高まる不信感。「女の警官じゃ頼りにならんのでは」という声が挙がる中で、女子高生・千鶴が黒影の仕事ぶりに注目する。

ゲーム好きのマンガ家がリレー形式でエッセイを執筆するコーナー「マンガ家ゲーム日記」では、「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」の笠間三四郎が「AKIBA'S TRIP」を紹介。毎回異なるマンガ家が“自分が異世界に転生したらこうなりたい!”というテーマでモノクロ1ページマンガを披露する「異世界にマンガ家が転生したらどうなるのか、描いてみた件」には中野でいちが登場した。

この記事の画像(全5件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 唐草ミチル / 中野でいち の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。