久保帯人原作の劇場アニメ「BURN THE WITCH」の上映・配信日明らかに、PVも公開

20980

久保帯人原作による劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」が、10月2日より2週間限定で、東京・新宿ピカデリーほか全国35館にて上映されることが決定。同日に配信がスタートすることや、キービジュアルとPV、追加キャストも発表された。

「BURN THE WITCH」キービジュアル

「BURN THE WITCH」キービジュアル

大きなサイズで見る(全16件)

配信版は劇場上映版を全3話に編集して配信。日本国内ではAmazon Prime VideoとひかりTV、北中南米、欧州、オセアニア、中東、アフリカではCrunchyrollにて配信予定だ。

キービジュアルは新橋のえるとニニー・スパンコールの魔女2人が、ドラゴンに乗ってリバース・ロンドンの上空を駆け抜けるデザインに。PVでは山田唯菜演じるのえると、田野アサミ演じるニニーの声も聞くことができる。また追加キャストとして、バルゴ・パークス役で土屋神葉、チーフ役で平田広明、オスシちゃん役で引坂理絵が名を連ねた。

「BURN THE WITCH」はロンドンを舞台に、その表と裏の世界を描くファンタジーアクション。遥か昔からロンドンにおける全死因の72パーセントには、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる“異形の存在”が関わっていた。ロンドンの裏側、リバース・ロンドンに暮らすのえるとニニーの魔女コンビは、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理する役割を担っており……。週刊少年ジャンプ(集英社)で2018年に読み切りとして発表され、本日8月24日発売の週刊少年ジャンプ38号にて全4回の短期集中連載がスタートする。

この記事の画像・動画(全16件)

「BURN THE WITCH」

2020年10月2日(金)より2週間限定で、新宿ピカデリーほか全国35館にて上映。同日より世界配信スタート。

スタッフ

原作:久保帯人
監督:川野達朗
脚本:涼村千夏
キャラクターデザイン:山田奈月
ドラゴンデザイン:大倉啓右
音楽:井内啓二
アニメーション制作:teamヤマヒツヂ、スタジオコロリド

キャスト

ニニー・スパンコール:田野アサミ
新橋のえる:山田唯菜
バルゴ・パークス:土屋神葉
チーフ:平田広明
オスシちゃん:引坂理絵

全文を表示

関連記事

久保帯人のほかの記事

リンク

(c)久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 久保帯人 / 土屋神葉 / 平田広明 / 引坂理絵 / 山田唯菜 / 田野アサミ / 川野達朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。