「まぼろし探偵」「8マン」の桑田二郎が死去

294

桑田二郎が7月2日に死去した。本日8月4日、秋田書店のサイトにて発表された。

桑田は1935年に大阪で生まれ、13歳の中学生だった1948年にマンガ家デビュー。1957年より少年画報(少年画報社)に連載した「まぼろし探偵」はラジオドラマ化、実写ドラマ化、実写映画化を果たしたヒット作となった。その後も川内康範原作による「月光仮面」、平井和正原作による「8マン」などのヒーローものを数多く発表。「ウルトラセブン」「バットマン」などのコミカライズも担当していた。去る7月18日に発売された月刊チャンピオンRED9月号(秋田書店)からシリーズ連載としてスタートした「8マンvsサイボーグ009」では、原作者の1人としてクレジットされている。

関連記事

桑田二郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 桑田二郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。