寄生獣、島耕作、テニプリ…マンガや2.5次元のキャラを論じた1冊、装画は服部昇大

260

服部昇大が装画を手がけた岩下朋世の著書「キャラがリアルになるとき -2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論-」が、青土社より発売された。

「キャラがリアルになるとき -2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論-」

「キャラがリアルになるとき -2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論-」

大きなサイズで見る

同書はマンガ研究・メディア論を専門とする相模女子大学教授の岩下が、2011年から2016年までユリイカ(青土社)などで発表した文章に加筆・修正を施し、まとめたもの。第1部「マンガのなかの『人間』たち」には「マンガにとってのキャラクター」についての考察、第2部「『リアル』に乗り出すキャラクターたち」にはマンガのみならず、“2.5次元”の作品をも対象にしたキャラクター論が収められた。それぞれの文章では「クッキングパパ」「きのう何食べた?」「雨無村役場産業課兼観光係」「ひきだしにテラリウム」「ぽちゃまに」「BUYUDEN」「寄生獣」、島耕作シリーズ、「おろち」とその映画化作品、「テニスの王子様」「弱虫ペダル」およびその舞台化作品、特撮ドラマ「仮面ライダー電王」、キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」といったさまざまな対象を論じている。巻末にはこれまでの“マンガ論”の歴史を、代表的な文献を挙げつつ概観する「ブックガイド 『マンガ論の現在』のこれまでとこれから」が収録された。

服部昇大のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 服部昇大 / うえやまとち / よしながふみ / 岩本ナオ / 九井諒子 / 平間要 / 満田拓也 / 弘兼憲史 / 岩明均 / 楳図かずお の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。