悲恋の男女の夢…あれは俺の前世?和風転生ファンタジー「夢の直路を恋惑ふ」

221

越田うめの単行本「夢の直路を恋惑ふ」上巻が、本日7月17日に発売された。

「夢の直路を恋惑ふ」上巻(帯あり)

「夢の直路を恋惑ふ」上巻(帯あり)

大きなサイズで見る(全12件)

「夢の直路を恋惑ふ」の物語は、男子高校生の花岡が不思議な夢を見たことから始まる。結ばれなかった男女が、来世で必ず結ばれようと約束するその夢を、直感的に「俺の前世だ」と感じる花岡。しかし、男女のどちらが自分だったのかまではわからない。そんなときに知り合ったのは、夢の中の男と瓜二つの男子・吉田。「俺が女の方かよ!!」と困惑する花岡だったが、吉田の妹・百合子は夢の中の女性と酷似しており、ますます混乱してしまう。やがて共通の趣味で百合子と仲良くなった花岡が、彼女に夢の話を切り出すと、百合子も前世の夢を見るということが判明して……。著者がSNSで発表し好評を得ていた作品を、全ページ改稿・描き下ろしエピソード追加のうえ書籍化したもので、現在はComicWalkerおよびニコニコ漫画で連載中。下巻は8月19日に発売予定だ。

Amazonでは上下巻それぞれに、特典として4コママンガペーパーが付属。また未来屋書店では上下巻それぞれに1Pマンガ、アニメイトでは上下巻連動特典として4Pリーフレットが用意された。

この記事の画像(全12件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。