現役獣医師が原作、“神獣”を治療することになった獣医師を描く新連載「神獣医」

84

小林作原作による堀内厚徳の新連載「神獣医」が、本日7月9日に発売された別冊少年マガジン8月号(講談社)にてスタートした。

「神獣医」扉ページ

「神獣医」扉ページ

大きなサイズで見る(全8件)

「神獣医」は腕は確かだが、動物に懐かれない残念な獣医師・朝井尊を描くファンタジー。いつものように動物病院で働く朝井は、突然現れた大学時代の先輩・神童新から「お前に診てもらいたい症例がある」と頼まれる。神童に連れられた朝井に待ち受けていたのは、霊獣・麒麟の治療で……。同作は第3回「漫画脚本大賞」受賞作で、現役の獣医師である小林が原作を務めている。また誌面では連載開始を記念し、堀内のサイン色紙が当たるプレゼント企画も実施中。

この記事の画像(全8件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。