「SPY×FAMILY」が累計400万部を突破、遠藤達哉の描き下ろしイラストも公開

2064

遠藤達哉「SPY×FAMILY」の累計発行部数が電子版を含め400万部を突破した。

遠藤達哉の描き下ろしイラスト。(c)遠藤達哉/集英社

遠藤達哉の描き下ろしイラスト。(c)遠藤達哉/集英社

大きなサイズで見る(全5件)

5月13日の4巻発売時に、累計発行部数300万部突破を突破していた「SPY×FAMILY」。現時点で第1巻から第3巻までのそれぞれの電子版含む累計発行部数は、100万部を超えている。なお400万部突破を記念し、遠藤によるアーニャとボンドの描き下ろしイラストも公開された。

「SPY×FAMILY」はとある任務のため「家族を作れ」と命じられた凄腕のスパイ・黄昏が、超能力を持つ少女・アーニャを養女に、殺し屋・ヨルを妻に迎え、家庭と任務の両立に奮闘するスパイコメディ。「このマンガがすごい!2020」オトコ編第1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」第1位、マンガ大賞2020第2位、「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2020」大賞とさまざまな賞に輝いている。

この記事の画像(全5件)

関連記事

遠藤達哉のほかの記事

リンク

関連商品