TRIGGER最新作「サイバーパンク エッジランナーズ」制作決定、監督は今石洋之

747

Netflixオリジナルアニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の制作が決定。TRIGGERがアニメーション制作を手がけ、2022年に配信される。

「サイバーパンク エッジランナーズ」制作決定ビジュアル

「サイバーパンク エッジランナーズ」制作決定ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「サイバーパンク エッジランナーズ」は、「ウィッチャー」シリーズで知られるポーランドのゲーム開発会社・CD PROJEKT REDが制作中のゲーム「サイバーパンク2077」のスピンオフ作品。テクノロジーと人体改造が一般化した巨大都市を舞台に、アウトローの傭兵として生きる少年の物語を全10話で描く。

監督は「天元突破グレンラガン」や「プロメア」で知られる今石洋之。副監督にTRIGGER代表取締役社長の大塚雅彦、キャラクターデザインに吉成曜と金子雄人、 クリエイティブディレクターに若林広海、シリーズ構成に宇佐義大が名を連ね、脚本はCD PROJEKT REDのストーリー原案をベースに宇佐と大塚が手がける。さらに劇伴はゲーム「サイレントヒル」シリーズで知られる山岡晃が担当。「サイバーパンク2077」のYouTubeチャンネルでは、今石らが意気込みを語る動画も公開された。

今石洋之(監督)コメント

サイバーパンクは大好きなジャンルですが、オリジナルの作品としてはなかなか作れない題材だったので、今回CD PROJEKT REDと一緒に制作できることが嬉しい。ゲームの完成度が素晴らしい分、ゲームのファン、アニメのファンの両方を納得させるのは簡単でないが、だからこそのやり甲斐を感じているし、制作も楽しめている。期待を裏切らず越えていけるように、精一杯取り組んでいきたいと思っています。

大塚雅彦(副監督 / TRIGGER代表取締役社長)コメント

世界中のゲームファンから熱狂的に支持されているCD PROJEKT REDの期待の新作「サイバーパンク2077」の世界観を共有した全10話の新作オリジナルアニメシリーズをトリガーで制作できることになり興奮しています。最高のゲームのアニメ化にプレッシャーも感じていますが、それ以上にこの魅力的な挑戦へ闘志を燃やしており、今石監督によるTVシリーズでは表現できないハードなアクションのアイディアも練っているところでこのコラボレーションを必ず成功させたいと思っています。

アダム・バドウスキー(「サイバーパンク2077」ゲームディレクター / CD PROJEKT RED開発チーム総責任者)コメント

「サイバーパンク2077」の世界を舞台にしたアニメの制作を発表できて、とても嬉しく思っています。私たち開発チームの誰もがサイバーパンク作品を見て、読んで、遊んで、夢中になっています。サイバーパンクのジャンルは創造性の余地が大きく、私たちに強い影響を与えてくれました。「サイバーパンク エッジランナーズ」は、そんなサイバーパンクジャンルそのもの、そしてアニメーションという表現媒体に対する、私たちからのラブレターです。

この記事の画像・動画(全2件)

関連する特集・インタビュー

今石洋之のほかの記事

リンク