「まいてつ」アニメ版のビジュアル公開、上坂すみれ&洲崎綾がレイルロオドに

489

ゲーム「まいてつ pure station」を原作としたTVアニメ「レヱル・ロマネスク」が、全12話の5分アニメとして今秋よりTOKYO MXにて放送される。そのキャスト、ビジュアルが解禁された。

TVアニメ「レヱル・ロマネスク」ビジュアル

TVアニメ「レヱル・ロマネスク」ビジュアル

大きなサイズで見る

「まいてつ」は2016年に第1作が発売された鉄道をモチーフにしたノベルゲームシリーズ。オリジナルの新キャラクターのみが登場する今回のアニメでは、鉄道車両を制御する人型モジュール“レイルロオド”の少女・ハチロクを主役に据えた観光振興が成功した“隈元県御一夜市”が舞台に。鉄道復興の聖地となった御一夜市は、全国のレイルロオドや鉄道関係者を集めた「第一回まいてつ祭」の開催を企画。祭りを盛り上げるために、レイルロオドたちも「レイルロオドサミット」を主催し、知恵を絞っていく。

キャストには万岡鉄道C1267専用レイルロオド・すずしろ役に上坂すみれ、名児耶鉄路ホジ6005形ホジ6016専用レイルロオド・汽子役に洲崎綾が決定。さらにラン、りいこ、しろがね、いよ、かかあ、紅、西瓜といったレイルロオドもアニメに登場することが明らかになった。キャスト情報は随時発表される。また公開されたビジュアルには7名のレイルロオドたちが、駅のホームに並ぶ姿が描かれた。

またアニメーション制作を「八十亀ちゃんかんさつにっき」のサエッタ、総監督をひらさわひさよし、キャラクターデザインを野口孝行が担当。そのほかアニメ化に際したクラウドファンディングを7月上旬にスタートすることも明らかに。リターンにはVR試写会の参加権やBlu-rayなどが用意される予定だ。詳細は公式サイトにて追って告知される。

TVアニメ「レヱル・ロマネスク」

2020年秋より、TOKYO MXにてショートアニメとして放送開始

スタッフ

アニメーション制作:サエッタ
総監督:ひらさわひさよし
キャラクターデザイン:野口孝行
音響:株式会社Cloud22
制作協力:株式会社アムモ98

キャスト

すずしろ:上坂すみれ
汽子:洲崎綾

関連記事

上坂すみれのほかの記事

リンク