岩澤美翠「千年ダーリン」昭和末期を舞台に描かれる、男2人の切っても切れない関係

355

岩澤美翠による新連載「千年ダーリン」が、トーチwebで幕を開けた。

「千年ダーリン」

「千年ダーリン」

大きなサイズで見る(全5件)

物語の舞台は1980年代、昭和末期の千年谷。“アーケード街の一番星”と呼ばれている不良青年・束ノ間一平はある日、暴走する車から近所の子供・スミレを助けて、そのまま車にはねられてしまう。死んだと思われた一平だったが、時計屋の店主・仮初銀色の手によって、サイボーグとして蘇って……。岩澤が紡ぐ「二人の男に結ばれた運命の糸の物語」に期待しよう。

この記事の画像(全5件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。