殺し屋に惚れた天才が依頼したのは自身の暗殺、叶恭弘の新作「きるる KILL ME」

192

「エム×ゼロ」「KISS×DEATH」の叶恭弘による新作「きるる KILL ME」1巻が、本日6月4日に発売された。

「きるる KILL ME」1巻

「きるる KILL ME」1巻

大きなサイズで見る

「きるる KILL ME」は医療系総合企業の御曹司であり、自身も医療業界でさまざまな功績を残す天才・碧音持と、彼が恋に落ちた女性・赤海きるるを描く物語。何もせずとも自分の元に人が集まってくる人生を送っていた音持は、自分から接点を作って人間関係を生み出す方法がわからずにいた。そんな中きるるが殺し屋であることが判明し、音持は彼女とのつながりを作り自分のことを意識してもらおうと、匿名で自身の暗殺を依頼する。本作は少年ジャンプ+にて連載中。

叶恭弘のほかの記事

リンク

関連商品