アニメ「BEM」今秋映画化!監督は博史池畠、制作はProduction I.G

332

TVアニメ「BEM」の映画化が決定。「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」のタイトルで、今秋公開される。

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」ティザーポスター

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」ティザーポスター

大きなサイズで見る(全2件)

2019年に放送されたTVアニメ「BEM」は「妖怪人間ベム」の50周年を記念して制作されたもの。劇場版はベムの行方を探し続けていた女性刑事・ソニアが、「ドラコ・ケミカル」という製薬会社でベムに瓜二つの人間であるベルム・アイズバーグと出会うことから物語が展開される。監督は「キラッとプリ☆チャン」や「宇宙戦艦ティラミス」の博史池畠、脚本は「ポケットモンスター」シリーズなどに携わる冨岡淳広、キャラクター原案はTVアニメと同じく村田蓮爾、キャラクターデザインは松本美乃が担当。Production I.Gがアニメーション制作を手がける。

メインキャストはTVアニメに引き続きベム役を小西克幸、ベラ役をM・A・O、ベロ役を小野賢章が務め、追加キャストも後日発表される。併せて特報映像も公開され、ショパンの「24の前奏曲 第4番」に乗せてベム・ベラ・ベロが生まれるさまや、「早く人間になりたい」というセリフが収められている。

この記事の画像・動画(全2件)

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」

2020年秋公開

スタッフ

監督:博史池畠
脚本:冨岡淳広
キャラクター原案:村田蓮爾
キャラクターデザイン:松本美乃
アニメーション制作:Production I.G

キャスト

ベム:小西克幸
ベラ:M・A・O
ベロ:小野賢章

関連記事

博史池畠のほかの記事

リンク

(c)ADK EM/BEM製作委員会