殺生丸の娘たちの物語、TVアニメ制作決定!高橋留美子ら「犬夜叉」スタッフが集結

37966

TVアニメ「半妖の夜叉姫」が制作決定。メインキャラクターデザインは高橋留美子が務める。

TVアニメ「半妖の夜叉姫」ティザービジュアル (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

TVアニメ「半妖の夜叉姫」ティザービジュアル (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

大きなサイズで見る(全13件)

本作は高橋の過去作「犬夜叉」に登場する、殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインキャラクターにした物語。アニメーション制作はアニメ「犬夜叉」シリーズに引き続き、サンライズが担当する。監督は佐藤照雄、シリーズ構成は隅沢克之、アニメーションキャラクターデザインは菱沼義仁、音楽は和田薫と、アニメ「犬夜叉」シリーズを手がけたスタッフが集結。放送は今秋を予定している。

とわの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

とわの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

せつなの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

せつなの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

もろはの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

もろはの設定線画。 (c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

このたび本作のあらすじと、メインキャラクターの設定線画も到着。殺生丸の娘で双子のとわとせつなは、幼い頃に森の火事に巻き込まれ、離れ離れになってしまった。姉のとわは時代樹の時空を超えるトンネルで、戦国時代から現代にタイムスリップ。かごめの弟・草太に助けられたことから日暮家の娘として育てられ、武道が得意な中学生に成長した。戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀のもとで妖怪退治を生業に生きる日々。かごめと犬夜叉の娘・もろはは、賞金稼ぎとして“化け殺しのもろは”の異名を取り、妖怪退治に明け暮れていた。とわとせつなが別れてから10年、時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれる。とわは現代にやってきたせつなと再会するが、彼女はなぜかとわのことを忘れてしまっていた。せつなとともに現代にやってきたもろはも加わり、彼女ら“半妖の夜叉姫”が現代と戦国時代を縦横無尽に暴れまわる。

なお5月13日に発売される週刊少年サンデー24号(小学館)の紙版には、本作の描き下ろしティザービジュアルのポスターが付属。また5月18日に発売される高橋の最新作「MAO」4巻には、帯にTVアニメ「半妖の夜叉姫」の告知が掲載される。今後の続報については、本作の公式サイトやTwitterで確認を。

高橋留美子コメント

3人のヒロインそれぞれ、とても魅力的に仕上がっています。
彼女達がどんな冒険の旅をするのか私もとても楽しみにしています。

この記事の画像(全13件)

TVアニメ「半妖の夜叉姫」

2020年秋放送開始予定

スタッフ

監督:佐藤照雄
シリーズ構成:隅沢克之
メインキャラクターデザイン:高橋留美子 
アニメーションキャラクターデザイン:菱沼義仁
音楽:和田薫
アニメーション制作:サンライズ
製作:サンライズ、小学館、読売テレビ

リンク

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品