篠丸のどかが描く恋愛と猫がテーマのショートストーリー、約9年の連載経て単行本に

156

「うどんの国の金色毛鞠」の篠丸のどかによる新刊「なんだか世界が美しいのは」が、本日4月24日に発売された。

「なんだか世界が美しいのは」

「なんだか世界が美しいのは」

大きなサイズで見る(全3件)

「なんだか世界が美しいのは」は恋愛と猫をテーマに描くショートストーリー集。猫を拾ったことをきっかけに結婚することになった男女の一編や、お見合いパーティでカップルとして成立し初デートで猫カフェを訪れた男女のエピソードなど計12編が収録されている。本作はホーム社のWebマガジン・ねこまんWEB、ぷら@ほ~む、スピネルと掲載サイトを変えながら約9年にわたって連載された。

この記事の画像(全3件)

篠丸のどかのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 篠丸のどか の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。