「蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子四姉妹の日常」1巻、実体化した並列意思が大騒ぎ

30

馬場翁原作によるグラタン鳥「蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子四姉妹の日常」1巻が、本日3月3日に発売された。

「蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子四姉妹の日常」1巻

「蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子四姉妹の日常」1巻

大きなサイズで見る

「蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子四姉妹の日常」は、小説「蜘蛛ですが、なにか?」の公式ギャグスピンオフ。女子高生から蜘蛛型の魔物へと異世界転生してしまった主人公が、スキル「並列意思」で4つに意思を分裂させたところ、その意思が実体を持ち4匹の蜘蛛になってしまったことから始まる物語だ。情報担当の蜘蛛が暴走し「どんな情報量でも解析し尽くす」「それが──情報担当なんだ…」とモンスターの群れに飛び込み鑑定する気持ちよさに溺れたり、体担当の蜘蛛が格闘家風の猿モンスターを叩きのめして弟子にしたりと、個性豊かな蜘蛛たちが巻き起こす騒動を描く。同作はKADOKAWAのWebマンガサイト・ヤングエースUPで連載中。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 グラタン鳥 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。