「SHIROBAKO」TVシリーズのコミカライズ配信開始、劇場版は明日公開

79

TVアニメ「SHIROBAKO」のコミカライズが、本日2月28日にマンガ配信サービス・まんが王国で始動。作画はやとみ、構成は藤田里奈が担当している。

コミカライズ版「SHIROBAKO」より。

コミカライズ版「SHIROBAKO」より。

大きなサイズで見る(全3件)

2014年10月から2015年3月にかけて放送された「SHIROBAKO」は、アニメーション制作会社で制作進行を務める宮森あおいら5人の女性を中心に、アニメ業界で働く人々の姿をリアルに描いた群像劇。コミカライズは現在2話まで配信されている。なお明日2月29日には、TVアニメの4年後を舞台にした「劇場版『SHIROBAKO』」が公開される。

なおコミックナタリー・映画ナタリーでは劇場版の公開を記念し、アニメーション制作を手がけるP.A.WORKSの社長・堀川憲司による4本の対談企画を実施。MAPPA、TRIGGER、サンジゲンというカラーが異なるアニメ制作会社3社の社長と、草創期のアニメ業界を舞台にした連続テレビ小説「なつぞら」にてアニメーション監修を担当した舘野仁美の4名に登場してもらい、アニメ業界の“今”を語ってもらった。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

藤田里奈のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤田里奈 / 劇場版「SHIROBAKO」 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。